末期がん 医師から宣告 末期がん治療手術できない 体にガンが転移している ガンの日本一 外科医 名医   B-0-117
癌は免疫のもつれた病気・
大腸がん 胃がん 食道がん 盲腸がん 膵臓がん 胆管がん 胆のうがん 肝臓がん 肺がん 乳がん 卵巣がん 子宮がん
口腔がん 咽頭がん 舌がん 甲状腺がん 腎臓がん 膀胱がん 尿管がん 前立腺がん 脳腫瘍 メラノーマ 平滑筋肉腫その他の肉腫
 治療するのが難しい難病とはすなわち現代医療では治らない病気を総称して言うもの。
自己免疫疾患(膠原病、関節リウマチ、多発性硬化症 初期がん 末期がんなど)
治療方法  免疫治療(DNAの細胞修復を行う治療....ラドン温湿放射線治療法)
体内疾患にラドン温湿 ホルミシスの霧煙を吸込むことで.細胞にスイッチを入れ
破壊している細胞を元気な若いころの細胞に修復する作用のことです
世界でもめずらしい 高濃度自然鉱石をつかったホルミシス放射線を増大 拡大
する新技術(テラヘルツ振動子を応用)原石 鉱石エネルギーで体内細胞疾患を治療するものです
 自然鉱石なので体に害はなく 気持ちい温度 湿度 霧煙 で睡眠するだけの治療方法
 ラドン温泉入浴治療ともいえます 世界でもめずらしい高濃度4万ベクレル自然治療なのです
 体の傷ついた老化細胞を修復すると体は元気な細胞に戻ります 難病による破壊された細胞をきれいな細胞にします
  医師から見放された末期がん 膠原病 慢性皮膚炎 大人の喘息など あらいる病気の改善ができます
   それが世界ではじめてのホルミシス温湿ルームで
免疫療法が奇跡を起こします末期がん治療方法  
D-0-34  その治療法がこれだ”” 体にふれることなく 自然に難病を短期間で克服するための治療法である
           その名は ホルミシス温湿ルームです
 高濃度ラドン温湿浴 4万ベクレル ラドン222 
 放射線ホルミシス療法 は抗癌剤などの化学療法 手術や高線量放射線照射などといつたらあらゆる
標準治療とも合い.副作用軽減作用.主作用増強作用があります 
放射線ホルミシス療法は性別などの個人による効果の差がありません 放射線療法は誰にでも効果がでます
  ラドン温湿浴 シルクジャパン.USJ会員制施設 ラドン温湿浴  1時間後の効果を実感していただけます 
  
 シルクジャパンUSJの紹介状(会員様のみご利用)が必要です
 ラドン温湿浴施設(放射線ホルミシス ラドンルームの製造  難病治療  手術不能のガン治療.難病の技術研究開発)  
 
 KDD(株)滋賀県野洲市木部930  電話 FAXでの問い合わせは受付していません
   JR京都駅から新快速25分 (予約以外できません)完全予約制
 メールで返事しますメール メール 
 ホルミシスは最先端の統合療法です 放射線ホルミシス研究の先端を行く日本
ラドンルーム治療法 放射線ホルミシス ラドン温湿浴 バドガシュタイン並のラドン濃度を実現 
ラドンミスト発生装置 吸入装置 難病治療  手術不能のガン治療 
 DVD映像でご覧ください
末期がんをみごとに克服された報告とは??
 
  入り口(開閉スライド式)
W715mm H1400mm
外壁 合板18mm ランドコアー(両面プリント)
 オート照明センサー. 酸素吸引ガス 火災報知機

ラドン含有量
4000ベクレル/m3以上
内寸H1990mm L2305mm
床パネルW603mmL2305mm 
 
ルーム外寸 
H2135mmW1015mm L2430mm
本体重量300kg 
 
ラドン ホルミシスガス発生装置
  
   放射線量1200μSV/hの高濃度の吸引
   にて 体内DNA細胞修復させます
  
室内のラドン量の目安測定
 
超音波ネブライザー吸入器
K-200 ウラン鉱石は2個つかいます

 末期ガン場合には1200μSV/h 以上
自宅治療 がん細胞を眠らせます
ケニア ウクライナー アメリカ ロシア 
などにある 
 
日本にはない 
 
 
   低ホルシス放射線量 264.1μSV/h
ラドンパネル(テラヘルツ加工)
374mmX677mmX6枚
374mmX848mmX2枚
  
   バドガシュタイン200kg以上
    高濃度ホルミシス 20μsV~45μSV
      温熱ガスでホルミシスを発生させる
 
  温度 湿度 空気濃度タイマー 
    ヒーターリモコン

リモコンの使い方

   がん細胞 参考例  
  胸腺腫、胸腺がんは胸腺の表層に悪性(がん)細胞が生じる病気 胸腺腫
胸腺がんを疑う症状としては、咳や胸痛が
あります。
  • 持続する咳。胸部痛。呼吸困難。 胸腺腫と胸腺がんは、時として症状がない場合があります。
  • がんは、定期的な胸部X線検査において発見されることがあります。次の徴候は、胸腺腫、
  • 胸腺がんやその他の状況によって引き起こされることがあります。次のような問題が起こった場合は
  • 、医師の診断を受けてください:
  治療するのが難しい難病とはすなわち現代医療では治らない病気を総称して言うもの。
その中にはSLE、関節リウマチや多発性硬化症など自己免疫疾患が多く含まれています。
免疫機能は人間のみならず、あらゆる生物が生命活動をするに最も大切な機能であるが、心臓や肝臓のように
目に見える個別の臓器が無いために、物質科学を重視してきた現代医学では最も研究が遅れている
この免疫の機能が損なわれているために発生するのが自己免疫疾患であります。
免疫機能は、自己と異なるものや人体に悪影響を与える細菌など(非自己)を認知して排除し人体を守る、
と同時に一方では自分自身(自己)は攻撃することなく容認する機能であります
免疫機能を司る白血球等が遺伝子レベルで異常を引き起こし、その結果、してはならない自分自身の
体を攻撃して引き起こされる特有の病態であります。人間の生理機能そのもののトラブルである。
残念ながら外部からの病因ではなくて、このような人体そのものの異常は現代医学で用いている
化学薬品では治すことは非常に難しいとされております
したがって現代医学では、病気を治すことができないため、やむを得ず病気をコントロールする――
副腎皮質ホルモン・免疫抑制剤等の強力な薬品で発症を抑え進行をゆるやかにする治療が行われています。
故に投薬を中止するとほとんどの例で急激に増悪することになつたりすると
生理機能を無理に抑制するために、発生する副作用もきびしいその意味で現在の治療は
まだまだ不完全だということが言えます。病症がゆるやかであれば東洋医学だけで、激しい状態ならば
西洋医学で当面の病症を改善しながら東洋医学で時間をかけて根本的に治すというのが
今のところ最善の治療法と考えます.自己免疫疾患では、自己と非自己とを正しく区別する
機能が乱れた病態を
難病と言う。医食同源
食品を主体に構成した薬用茶や漢方を用いる。
食事療法も大切な治療法の一つである。
体質の改善には薬品(生薬)よりは体に吸収され易く体になじみ易い
食品がより有用である
治療の進行につれて体質を東方医学的に3段階に分けて考え、それに応じて治療法も変える必要がある。
症状改善へ向けた治療と同時に治療茶と極く少量の化学薬品のサポートで免疫機能の正常化に努める。
副腎皮質ホルモンや免疫抑制剤の服用期間がおおよそ2年以内であればほとんどの例で服用を中止出来るようになる。
免疫の異常はその遺伝子の損傷によるものが大きい。また遺伝子は自然物によるよりも化学薬品による
損傷のほうがはるかに強い。食品と共に経口的に入る化学薬品に注意することである。
 ラドン吸入器 取り扱い説明書  ○ ○に持ち込みラドン吸入 認めたラドン吸入器は手放せない
       がん治療にはラドン療法をやってみてはどうだろう 低線量の放射線治療で病気を克服
   ラドン吸入器は未来の医療機器である
潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)の悪化 効果的な治療法とはラドン療法
 ラドンとは.放射性物質の一種であるα線を放出する.これを体内に取り込めば細胞活動を活発化される働きがあるという
ラドンの特徴は水に付着すること.湯気に付着してラドンを吸い込めば体によいとされています.
もともとラドンルームというものがあって ラドンガスを人工的に発生させ.充満するラドンを体内に取り込り込んで
いた。この改良型が高濃度ラドンルームですラドン療法は民間療法で、がん.リユウマチ.神経疾患.膠原病などに効果があるとされている
ラドンルームに入ると13ヶ月でしようが見事に消えたが重症な患者や忙しい人は高濃度のラドンルームに通えないそこでラドン吸入器を考えた
 
ラドン含有量4000ベクレル/m3以上
内寸H1990mm L2305mm
床パネルW603mmL2305mm
 
低ホルシス放射線量 264.1μSV/h
ラドンパネル(テラヘルツ加工)
374mmX677mmX6枚
374mmX848mmX2枚
 
室内のラドン量の目安測定
 ホルミシス 専用のウオータージヤグに水道水を入れて.高濃度のラドン水を作るそれを吸入器にセットして、ミストにして吸入する
頻度は症状にて異なりますが、1日数回 10分づつ吸入することが、一般的です
ラドン水の生成装置は200万以上 ラドン濃度は1万7000ベクレス/m3 10分間吸うと同濃度のラドンルームに10分間いたことになります
10分間吸入した際の被爆量は、約0.014ミリシーベルト 胸部X線撮影で、1回当たり0.06ミリシーベルトです
この治療法で被爆は問題ないレベルです ラドン治療は標準的な治療ではないので、自己責任が必要
潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)に効果があるとか言えば.臨床試験がないので何もいえません
多量では有害だけれど、少量なら有益な現象をホルミシスと言います放射線もその性質あると言うことを示すデーターはあります
宇宙ステーションに一日入ると約1ミリシーベルト被爆する宇宙飛行士の古川聡さんは167日もいましたが いまでも元気です 病気していません
 潰瘍性大腸炎とは主に大腸粘膜に潰瘍やびらんができる原因不明の非特異性炎症性疾患
               ラドン水の生成装置           高度医療機器製造 kDD(株) メール 
 ラドンガスの発生とラドン温泉そして体内接種の機序ホルミシス療法
●ラドンとは自然界にある86番目の元素
「放射性元素」のことです。・ラドン222 = ラドン   半減期 3.82日
・ラドン220 = トロン   半減期 55.6秒 ・ラドン129 = アクノチン半減期 3.92秒ラドン222以外は半減期が短く治療には不適です 
 ラジウム温泉のラドンン銭への変化とラドンの体内へ取りこまれるしくみラドンガス吸入による放射線ホルミシス効果と医療での可能性

ホルミシス療法

 活性酸素が現在の病気の原因の大きな部分を占めているという多くの研究発表がされています。
ホルミシス療法
 
     医療機器 ラドン吸入器
  放射性物質ラドンの吸入器

ラドン水の生成装置は200万以上 
ラドン濃度は1万7000ベクレス/m3 10分間吸うと同濃度の
ラドンルームに10分間いたことになります
 
ラドンガスを人工的に発生させ.充満させる
ラドン生成発生装置(ラドン水の生成)
 
この子神の子不思議子
高濃度 ガスを発生させる
 連続永久放出 608μSV/h以上 
 
高濃度1500μSV/h以上
  「ラドンは放射性物質の一種です。装置は、200万円という高額なもの。装置から発生するミスト状のラドンを口から吸い込み、血液を介して
全身に行き渡らせる。通常は、1日6回、1回10分を目安に吸入する
 ラドンを吸入することで免疫力が高まる、天然鉱石の放射性物質を吸い込んでも一切害はないとのこと(人工鉱石はだめです)
 
ラドンは岩盤や地下水から大気に放出される自然界の放射性物質である。これを水蒸気に付着させる形で吸入させ、血液を介して
  全身に循環させようとするのがラドン吸入器ですラドンを吸入することで免疫力が高まり、呼吸器疾患や肝障害や糖尿病への
  治癒効果が期待できる 
「本来は医療施設に販売する専門機器です。個人が購入する場合、1台100万円近くかかるのではないか」
と医療関係者は語る。副作用の心配がないとされるラドン吸入器に信頼よせている
 
    ラドン生成セラミック30μSV/h
      
4500ppm
 
ラドンガスを吸い込む
 
  ●活性酸素消去酵素の活性 ●癌抑制遺伝子P53の活性 ●DNAの修復 ●免疫バランスの向上
●細胞膜流動性の向上 ●ホルモンの増加 ●血中コレステロールの減少
●過酸化脂質の減少など様々な効果が明らかになりました。ラドン浴によるホルミシス効果について、世界中で数千の論文が発表されています
D-0-34

戻る