ガンと戦う 方法 ガンに勝つ ガンを死なせる方法  病院での治療 とは抗がん剤投与
抗がん剤で苦しむガン患者 痛みもなくガンを殺す方法は手術でガン細胞をとる
手術できないガンなら抗がん剤しかない 高額なオプチーボを投与 体につらい くるしい
吐き気 物が食べられない日々が続く 耐えきれない苦痛 放射線治療では1つのポイントを攻撃撃退させることができるが
おおきくなったガンに攻撃することはできない ガンが破裂すれば死に至る
日が経過するにつれてガン細胞は大きくなり体重が落ちてくる 筋肉がなくなって 腹水がたまって死にいたる
ガンを殺す薬があってもほとんどガン細胞は体で成長していく あと数年いや何か月の命を予測されて悩みが増えて痩せていく
病院での治療効果はない どんどん日が経過してよくなることはまずない なぜ 薬が合わない ガンが死なない
ガンの発見当時ならガンは抗がん剤で死ぬ確率は高いがステージⅢになると薬の効果がないということになる
それでも抗がん剤をうつことで延命治療をする病院 がんを殺す方法はないに等しく悪くなるばかり
これもうまれたときからわかっていた運命でしょう 親の遺伝子 あるいは悩む性格だからほとんど病気を生む 
何も考えてない ダウン症 アルツハイマ 痴呆症は病気にはかかりにくいデーターがある なぜ 病気の原因はストレスである
病気とおさらばしたいなら 何も気にしない事 仕事のこと 家庭のこと お金のこと 何も気にならなければ病気にはなりにくい
あたりまえのことがだれもわかっていないから病気になるのである
ガンになればどうすればいい  なにもしないこと 抗がん剤投与してもしなくても 生存年数はほとんどかわらないという
伝説も少なくはない 内科の医者がガンになったら抗がん剤を投与しますかと調べたら90%以上が何もしないと答えた
ガンの検査だけおこなう医者がほとんどである なぜか がんに抗がん剤は効果がないと自覚している
なぜか 毎日ガン患者を検診して抗がん剤で苦しみ良くはならなく延命治療を知り尽くしているからです
医者は経験しているガン患者のモルモットデーターがいっぱいある レントゲン撮影で所見をみているからガンについては詳しい
2018年現在も抗がん剤でガン細胞が消えていく確率は非常に低いけれど抗がん剤を投与しないと死んでいくから治療をします
どうすればいいのか 
病院をあきらめ民間療法を探すのも1つのガン治療法 今のままで何もしなければ死んでいく 病院と民間治療と併用すればいい
お金はいるが命にはかえられない 財産投げ出しても命は助かりたいものです そこで家族が反対します
残された家族をおもうと財産は家族に残しておきたいと思う人がほとんど 特に男性 いがいに思わないのが女性です
だから女性は近赤外光線 テラヘルツ治療法で命が助かる人がほとんどである これが不思議
ガン治療 近赤外光線を180日あてることでガンは餓死する 近赤外線治療を開始してガン細胞を冬眠させて栄養不足で餓死させる
治療方法である 日本では近赤外線治療をしているところはない アメリカには存在する 
日本で近赤外線治療ができればガンなんかこわくはないし翌日から生活もでき労働もできる
近赤外線治療についての治療方法は
520-2431 滋賀県野洲市木部930  KDD(株)近赤外光線開発 メール   相談無料
メールにての問い合わせのみ応対させていただきます ガン治療についての質問をしてください
近赤外光線の施設利用 1日 宿泊¥12000(税別) 末期ガンのステージⅣの方のみ利用できます
D-0-104
 人体に無害な近赤外線を照射してがん細胞を消滅させる新しい治療法の開発が、世界の注目を集めている
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/077539f382b93d2cf4d21c63c646e2e2
近赤外光線免疫療法はガンを殺すことができる
近赤外光線免疫治療法」と言い、米国立がん研究所(NCI:National Cancer Institute)の小林久隆・主任研究員が開発した。
がん患者を対象にする臨床試験も順調に進み、2~3年後の実用化を目指している。
がん治療法には、「外科手術」「放射線療法」「化学療法」の3つがあるが、外科手術は患者の身体への負担が大きく、
他の2つは副作用がある。転移・再発防止などにも課題があった。

これに対し、小林氏の開発した新しい治療法はがん細胞の死滅率が極めて高く、ほとんどのがんに適用できる
やっかいな転移がんにも有効だ。副作用がなく、必要な設備や薬品は安価なので、医療費の削減にも大いに貢献しそうだ。
オバマ大統領が2012年の一般教書演説でこの治療法の発見を取り上げ、「米国の偉大な研究成果」として世界に誇ったことを覚えている方も多いだろう。
図1:近赤外線を使った新しいがん治療法のイメージ図2: 近赤外線のがん免疫療法の仕組み
 近赤外線のがん免疫療法の仕組み

この2つの方法のうち、制御性T細胞を破壊するほうが、転移がんへの効果が大きいことが分かっています。
この治療法はすでにマウスでの前臨床試験が終わり、NIHがパテントを取ってベンチャー企業にライセンス供与しています。
私たちも常に技術面で支援していますが、今後はその企業が臨床治験の開始へと全力を挙げてくれると思いますし、
それが米政府のライセンス供与の条件にもなっています。
最終的には、患者さんの病状や進行状態に応じて、この2つの仕組みの治療法を適善に組み合わせて、それぞれのがん患者さんを治療する

戻る