抗がん剤は副作用がつきものです 想像を絶するつらさが発症します
副作用。吐き気やおう吐、食欲不振、下痢や便秘などは回復してくる時期を
患者さん自身が実感できると思います
 抗がん剤治療を行う際、担当医はまず開始前にその患者さんの全身の状態を調べ、心臓、肺、腎臓、肝臓などの重要な臓器に問題がないかなどもチェックします。
抗がん剤はその種類によって副作用が異なりますが、肝臓、腎臓などの臓器に影響を及ぼす可能性がある抗がん剤もあります。
また人間にとって大切な血液をつくる造血幹細胞も抗がん剤治療によってはたらきが一時的に低下することがあり、『骨髄抑制』と呼ばれるこの副作用に関しても、医師は注意深く検査等でチェックします。
このように、医師は使用している抗がん剤の副作用による体への影響にも十分配慮し、抗がん剤開始後も注意深く観察と検査等によるチェックをしながら治療をすすめていきます。
近年、抗がん剤のお薬自体ずいぶん進歩してきていますが、進歩しているのはお薬だけではありません。
抗がん剤の副作用対策も充実してきています。
医師や看護師は、患者さんのつらさをできるだけやわらげるための対処を行ったり、
やわらげる方法を患者さんにお伝えすると思います。
副作用で心配なことがあれば、一度担当医や看護師に相談してみましょう。
抗がん剤治療の副作用は、副作用が出てくる時期が大体決まっています。
ただ、副作用のなかには、回復するものと回復しにくいものがあります。
また、抗がん剤治療は何コースか繰り返し行うので、いったん回復した副作用が次のコースが始まると
また出てくるので、治療を続けていく中で長く続くような感じがすることもあると思います。
副作用の多くは時期がくれば改善してきます。
吐き気やおう吐、食欲不振、下痢や便秘などは回復してくる時期を患者さん自身が実感できると思います。
一方、手足のしびれなどの神経障害は、抗がん剤治療が終了しても回復するまでに時間がかかります。
脱毛も抗がん剤治療を行っている間は続くので、回復まで時間がかかると感じるかもしれません。
だるさは治療そのものによる影響以外に、吐き気や食欲不振などの消化器症状で栄養が十分とれなかったり、あるいは不眠がちになったりというさまざまな事柄が影響しますし、
こころの状態によってもだるさの感じ方が異なってきます。
骨髄抑制の副作用も、時期がくれば回復してきます。
骨髄抑制の期間は、感染や出血に注意する必要があります。
 末期ガンとは基本的に治療出来ないことを示す値です
生存率半分以下 抗がん剤治療30%-40%の効果 毒性 10% -20%
 末期ガンと診断されたら今後どのような治療で痛みをなくしガンの進行を遅くするしか方法がないのです
まずガンから逃れることはできない がんと生命を仲良く付き合う方法しかないのです
ガンの薬には高額な薬も開発され治療に使われていますが、ガンを撲滅できるだけの新薬はございません
 すべて延命治療薬ということです

病院で高額な医療を使いがん治療してもガンを手術し取り除かない限りガンが消えることはないのです
手術しても数年後には新しいガンが誕生することが大半です
ガンは数年後には内臓のどこかに再発する可能性80%以上です
   ガンになれば死ぬまでガン細胞と付き合うしかないということになります
一時的に抗がん剤、手術でがんを死滅させてもほとんど数年後には新しいガンが内臓に誕生します
2019年3月現在 ガンの新薬は多数あるけれどガンを死滅させれるガンの薬はないということです
最後の手段は近赤外光線ガン治療を行ってみることも1つの手段です
電波と振動と温熱で上半身全体に照射 がんを180日冬眠させることで栄養不足で餓死させる
この方法も体験してはどうでしょう

いままでステージⅣの末期患者さんが命を助けられたことの事例は少なくないです
      
近赤外光線ガン治療は高額な治療費はかからない
自宅でもガン治療ができるメリットがございます
ガンの検査は病院でがん治療は自宅で行ってみてはどうでしょうか

お問い合わせは
メール
520-2431 滋賀県野洲市木部930 KDD(株) 近赤外光線開発 
入院施設 520-2431 滋賀県野洲市木部930 JR 野洲駅 10分
ご相談させていただきます  入院 個室
近赤外光線ガン治療施設使用料金 1日宿泊 ¥12000





D-0-100

戻る