末期がん 看取り医師 死ぬまでの450日 NHK放送番組 がんは薬とか手術では治せない
 

患者の体の緩和 死の恐怖を取り除く  何の有効な治療がない  DNR  人工呼吸
持続的 鎮剤  意識が混乱する  急速に悪化 持続的鎮静剤 10日以上の点滴
好きなアイスクリームを食べさせる 最後をみとれるのは家族です 少しでも長く生きるために体を動かす
薬をつかわないことは 最後でなおらないからです 腹水がたまってない??
まず薬を止める いたいいたい おこすのくりかえし
D-0-89
 
痛みどめは麻薬 ガンの進行度合いが感知しにくくなる
痛みどめはだんだん効き目がなくなるから 飲用するたびに死に至る
薬は何に使う 弱い目 普通 強い目をおぼえておくといい
   
   
 
参考にしていただきたい  メール  ガン細胞を死滅に追い込む近赤外光線治療は世界の最先端
病院から余命宣告を受け延命治療をしなければならない状態です 病院からホスピスの緩和を進められました 
病院としてはこれ以上の治療はできませんので退院していただく受け皿として 病院からホスピスの緩和を進められました ホスピス緩和 入院はいつも満席 予約待ちそれまでは病院か自宅介護の選択 末期がんで治療方法がない
親族はどうすべきか
  これは、あくまでも1例ですので、詳しくは地域のホスピスにお訊ねください。
悩んで ます」末期癌でホスピスに入る人は、余命何ヵ月くらいですか?
 私の知っているホスピスは、入院対象患者さんの条件として、医師が延命治療をしない場合、
 余命3ヵ月と見込んだ患者さんが対象となっています。

 ただし、余命が3ヶ月以上と見込まれても、がんに伴う痛みが強い患者さんも入院対象となります。
 進行性の癌で、抗癌剤・新薬・手術等の延命治療を一切拒否し、 痛みさえ緩和されれば良いのでホスピスに入ると、
   どれくらいの余命ですか?
 もちろん、患者さんご本人とご家族の方が、延命治療を希望しないと考えが一致していることも大切な条件となります。
 要は、余命何ヵ月くらいと診断されたらホスピスに入れますか?若年層なので、進行が早いと仮定します。
 また、ホスピスの費用は一月いくらくらいかかりますか?
 なお費用ですが、ホスピスも保健医療対象となります。(緩和ケアの内容によって異なることもあります)平均的な費用を書きますと…
 ホスピスは個室が中心となる施設が多いので、室料差額が1日に約10000~30000円、平均15000円ですので、
   1ヵ月45万円+入院料が3割負担の場合約35万円、計80万円ですので、1ヵ月100万円を見込まれればいいと思います。
 なお、3~4人部屋がある施設では室料差額が無料となりますので、入院料だけです。
  個室にも種類があり、畳のある和室風などは室料差額が高くなります。
 500万円だと微妙ですか?リビングニーズ関係で、少し急いでいます。
 1か月80万は悲惨でとてもじゃないが払えない。100人に5人程度がホスピス緩和病院で、
   残りの95人は自宅にて介護するしかない 在宅介護になります
 それでも緩和ケア病棟には空き部屋がないのです
  私の近くでは緩和ケアができる16病院。10個程度しかベッドがない病院も多いので、緩和ケア病棟に入るのはかなり激戦なのです
緩和ケア病棟での順番待ちという選択はできません
 緩和ケア病棟には、まずエントリーをします。
ベッドが空くとエントリー順に連絡が来るそうで、待っている最中でエントリーを取り消すことも可能ですので、
とりあえず緩和病棟へエントリーをし、そのあとで自宅介護か緩和病院看護か(もしくは個室看護か)をよく検討して、自宅介護や容態の急変よる治療の変更  等があった場合は
、緩和病棟へのエントリーを取り消すというのが良いと思います。たくさんの患者さんがいるので、エントリーと取り消す場合は迅速に。
 自宅での介護は様々な補助器具をレンタルで自宅に設置して(保険が適用されます)、週2回くらい来るヘルパーさんと在宅に対応していただける
 医師の方と看護師の方とヘルパーさんで、何とかできたって感じですね。在宅介護になって3週間ほどで自宅で看取りました。この選択で良かったな、と思って いるんだけど、在宅介護期間がもう少し長くなっていたら、結構辛かったかもなぁ…とも思います。体験談です
末期がん患者でホスピスで最期を迎える方は何割くらいでしょうか?
 現在、ホスピスで最後を迎える方は、全がん患者さんの5%程度です
  その他の患者さんは1割弱が在宅で、残りは一般病院でお亡くなりになっています

 ホスピスの数が足りないということもありますが、ホスピスで迎えたいと思っている人の方が少ないと言う面もあります。
 末期がんでもう助かる手立てがない方や、緩和ケアにうつられた方がホスピスに行くという話をききますが、
  ほとんどのがん患者は普通の病院(もしくは在宅) で最期を迎えられる方の方が多いのでしょうか?
 ホスピスで最期を迎えられる方は、限られた人たちですか?
  母ががんで手術せず緩和ケアを選択しているのですが、ホスピスをすすめられています。
 がん患者がみんなホスピスにいくのか疑問です。
 ホスピスにいった方が良いかは、ご本人がホスピスを希望するかが全てです。
  たとえ痛みがとれたとしても「こんなところには来たくなかった」と思いながら最後 を迎えるのは非常にお辛いことです。
 それならば、まだ多少症状ががあっても望む場所で最後を迎える方が遥かに幸せでしょう。
  どちらが良いのかは、ご本人にしか分かりません

  今かかっている病院は国立病院で長期入院はできません。(3ヶ月までと期間があります)
   最期は今の病院に見てもらえなくなるのか不安です。
 ホスピスを選択したほうがいいのでしょうか
 最近は、病院が「追い出す」ために、半ば強制的にホスピスを奨めることも多くなりましたので、ご家族としては、
ご本人の希望を大切にするという軸はしっかり持っておられた方が、後悔などすることが少なくてすむと思います。
なお、多くの病院に「緩和ケアチーム」ができていますから、単に痛みを取るだけなら、普通の病院でもできることが多いです
ホスピスは込み合っているので、半年や1年などの予後が予測される場合は、「まだ早い」と断られる場合が多くなっています
 ホスピスはゆったり最後まで過ごすところというより、痛みやその他症状で家で過ごせなくななったときに入院し、
症状が楽になったら家に帰る、というのが最近の国の方針となっています。
ですので、単なる介護が必要というだけでは入院が難しい場合もあります。
この辺り、施設やその地方のホスピスの発展具合によっても異なってきます。
   民間介護は余命宣告を受け延命治療なので医師のいない事業所は受けてくれないのが現状ですから在宅介護になります
 ホスピスの緩和もだめ 在宅介護もできないとなると 最後まで延命治療していただける病院しか入院できないことになります
病院で余命宣告を受け延命 治療していく道しかないということです
病院を退院して最後の生命の選択はガン専門医師が進める免疫細胞

 ガン 末期 絶対絶命 命を救う 奇跡の鉱石 なんと2000μsV/h コンゴのウラン鉱石 純度99% を発見
 これならどんな難病も細胞の修復させられるという免疫パワー 体につけるとわずか30秒で体の血流加速が
 急激にスピードをあげ肩がポカポカ 筋肉に刺激 筋肉がもりあがり力がでる不思議なことがおきます
 このような重さでガイガーカウンターで計測できないという 55g 61g でおそらく2000μSV/h近くでている
 このようなパワーなら皮膚から放射線あてたら10cmの内臓まで500μSV/hまで到達して体を突き抜けた数値がなんと
 100μSV/h以上を計測させた ガンのようなまったく治療方法がない 抗がん剤薬がきかない 延命治療薬しかできない
 薬 抗がん剤で死んでいく 放射線治療2000μSV/h近くでガンは180日あてれば死ぬと言います いままで初期ガンは
 800μSV/hならほとんどの人はガンは ステージは進行しない ガンは死んだ だが末期ステージⅣならがんを死滅さえられない
 患者さんもいた 余命宣告30日と医師から判断
 されたとき どうするか 自宅で死をホスピス治療を受けながら延命治療するかしか選択はない 
そこで奇跡の鉱石 なんど2000μsV/h コンゴのウラン鉱石 純度99% なら命が救える がんを殺すという道もある
  こんなすごい奇跡鉱石はだれも知られていない がん患者なら瞬時にイタイイタイとわめく声がきこえる それだけではない
  コンゴのウラン鉱石 をからだにあてれば同じ部位に30秒以内にイタイイタイとかなにか動くとおもえばガンであることがわかる
  がん細胞がいないと 何も感じないのである すなわちガン初期発見も瞬時に確認できる優れものだ 1個あれば家内安全に暮らせる
  病気は免疫の低下すなわち細胞が死んでいくし毎日新しい細胞がうまれるそれの繰り返しだ
  毎日体にはがん細胞が発生しているが 細胞の低下 免疫低下にとガンは毎日生まれていることを忘れてはいけない
   免疫が低下すれば病気を発生させる それをともるのがウラン鉱石 と毎日適度な運動以外なにもない
  命より前に大切なものはウラン鉱石といっても誤解はない
ウラン鉱石を体にあたえれば即座に元気を取り戻せる 試せばすぐ結果がでる
    それがこれです 

戻る