抗がん剤(放射線液)をしますか 抗がん剤でガンを死滅ささないと ガンはどんどん大きくなり死にいたります
  医師としては抗がん剤を打ちがんを死滅させてから今後の様子をみましよう
    抗がん剤しかガンを殺す方法はございませんと告げられます
     ガンの治療にはお金がかかる おかねがないとがん治療はできない 死んでいくしかない世の中
がんになれば誰も助けてくれない ガン治療には多額のお金が必要 健康保険の使える範囲ないでの治療しましょう
入院費用 検査費用 高額な薬代金など 高額な医療費を永久に払い続けることが必要
 ガンになれば5年ごとに検査 再発90%以上 死ぬまで医療費が必要
   ガン細胞を餓死さすは一時的にできますが再発しないということはなずない 
 ガン細胞ができやすい体質だからがんになったのです
再発はあると思ってください 
 
ガンの治療にはお金がかかることを知っておいてください 
 

http://www.lifehacker.jp/2016/11/161121mugendai.html 
「近赤外線でがん細胞が1日で消滅、転移も治す」驚きのがん治療法を開発したのは日本人研究者!
   一度みていただければご理解していただけます
D-0-85
  ガン治療は抗がん剤(放射線の点滴液) 痛みは麻薬が定番 体に受けるダメージははかりしれない苦痛
 
ハイパーサーミヤ療法 ビタミンC治療など民間療法はありますが すべてがん治療は 延命治療であって
 ガンがすべて消えることのできるがん治療法はないのです がんになればがんでないひとよりも短命
 それも年齢が若いほど短命である どうすればガンをなくするのか 方法は1つ
 ガンを眠らせるしかも180日間(冬眠させること)栄養不足でガンは死滅します
 抗がん剤(放射線液) 麻薬 に替わる 無害な放射線鉱石  レアアースでガン細胞の増殖と活動を停止させましょう
 
お金があっても(延命)ガンになれば完全治療がない ガンになったら死んでいくおそろしい病気がガンなのです
   レアアーステラヘルクリームは放射線量20μSV/h以上皮膚に塗ることで ガンの痛みを抑える働きがあります
   皮膚から10cm深くテラヘルツ波という光振動子を与えるためにガンの痛みを抑えます
   抗がん剤 麻薬治療がいやですという人には レアアース粉末テラヘルクリームをつかってみてください
   ガンのいたみ しこり 内こぶ かたまりが少しずつ消えていくことでしょう  
抗がん剤(放射線液) 麻薬 に替わる レアアースクリーム50%
 
近赤外光線治療皮膚から10cm細胞温度を高める作用がございますので内臓体温37度以上あげることでガン細胞を眠らせる役目をします
 ガン細胞が消えることはないですが ステージ2までならガン細胞を消してしまうかもしれなということです

  ガンのいたみ しこり 内こぶ かたまりが少しずつ消えていくことでしょう  
抗がん剤(放射線液) 麻薬 に替わる レアアースクリーム50%
近赤外光線治療 皮膚から10cm細胞温度を高める作用がございますので内臓体温37度以上あげることでガン細胞を眠らせる役目をします
  
ガンの進行度合いにて含有量を指定してください
レアアーステラヘルツクリーム 含有量10%60g(30日分) ¥9800(税別)  メール 
                               80g  (50日分)¥12800(税別)kdd002@kdd1.com
レアアーステラヘルツクリーム 含有量20%60g (30日分)¥14800(税別メール 
レアアーステラヘルツクリーム 含有量30%60g (30日分)¥17800(税別メール 
レアアーステラヘルツクリーム 含有量40%60g (30日分)¥19800(税別メール 
レアアーステラヘルツクリーム 含有量50%60g (30日分)¥24800(税別メール 速攻性を求める人
レアアーステラヘルツクリーム 含有量50%80g (30日分)\27800(税別メール 速攻性を求める人
 ウラン鉱石粉末テラヘルツクリーム  肌の皮膚再生 ガン細胞の増殖を防ぐ ガンの痛みの緩和 即効性を求める患者さん
 
 80g ウラン粉末1% ¥48500(税別) 
 
 80g ウラン粉末1% ¥48500(税別) 
 
 
 近赤外線はテレビのリモコンや果物の糖度測定とおなじ光なので体に無害全身のがんの8割-9割はこの治療方法 でカバーできる
皮膚がんのような身体の表面に近いものだけでなく.食道がん.膀胱がん大腸がん 肝臓がん 膵臓ガン腎臓ガンなどの
全身のがん
8-9割はこの治療でカバーできるとのことです
  ⑩近赤外線免疫療法 がん細胞の死滅率が極めて高く 免疫療法費用が安く
  抑えられ180日でガン細胞はすべて死滅するとのこと
   
  ガン細胞の表面で熱を出して.細胞を眠らせる ガン細胞の安眠療法であるため
   主にホスピス治療の末期ステジⅣの患者の命を救っている
  全国で1か所滋賀県にある 民間企業が開発したが一般には公表されていない  費用は非公開とされている メール
 【食道癌】  
ステージ4には4a、4bという区分があり、遠隔転移があるbの方が、より癌が進行している。 
癌が食道周囲の臓器に及んでいること。リンパ節の遠隔転移あること。 別の臓器や胸膜・腹膜に癌が認められこと。 
5年生存率は11.6%で、手術をした場合は22.6%      
 
【胃癌】   
胃癌のステージ4と診断されるのは、複数条件あり。例として リンパ節の遠隔転移があること。
癌の胃の組織の中へ入り込んでい る深さに関係なく、肺、腹膜などに他の臓器に転移していれば、
ステージ4とある。5年生存率は7.5%で、手術をした場合は14.3%
 
【大腸癌】   
 腹膜、肝臓、肺などへの転移がある5年生存率は15.0%で、手術をした場合は17.9%  
  【肝細胞癌】  
4a期:瘍が1つに限られる。腫瘍の大きさが2㎝以下。脈管(門脈、静脈、胆管)に広がってない。
 これらにすべてに合致せず。加えて、リンパ節・遠隔臓器に転移がない。リンパ節転移はあるが、遠隔転移はない
 
 
 これらにすべてに合致せず加えて、リンパ節・
遠隔臓器に転移がない
 リンパ節転移はあるが、 遠隔転移はない
4b期:遠隔転移がある5年生存率は7.1%で、手術をした場合は19.9%
 
 【胆のう癌】  
 

胆のう以外の周囲臓器への浸潤があり、主要な血管への浸潤を認めたり、
肝臓・胆管側への浸潤がさらに高度になった状態。

リンパ節転移や胆のう以外の臓器への転移の状況によって4a期か4b期となる。
遠隔転移があれば、4b期となる。
5年生存率は2.9%で、手術をした場合は4.8%

【膵臓癌】    
4a期:癌が膵臓の周囲の主要な血管や臓器を巻き込んでいる。 4b期:第3群リンパ節や離れた臓器に転移を認める
  5年生存率は1.4%で、手術をした場合は3.7%
  
【喉頭癌】   
遠くの臓器に転移(遠隔転移)がある。他にも条件あり。
5年生存率は45.2%で、手術をした場合は47.9%     
【肺癌】  
癌の大きさや深さに関係なく、悪性胸水(胸水の中に癌細胞がある)や遠隔転移がある
とステージ4。5年生存率は4.9%で、手術をした場合は11.6%
 
  
【乳癌:女性】  
大きさや皮膚の変化の有無にかかわらず、遠隔転移があるとステージ4。
5年生存率は35.0%で、手術をした場合は43.5%
  
  
【子宮頸癌】   
癌が小骨盤腔を越えて広がるか、膀胱・直腸の粘膜に広がっている。5年生存率は20.5%で、手術をした場合は18.2%  
 子宮体癌】  
癌が骨盤を越えて広がるか、膀胱あるいは腸の粘膜まで広がっている。5年生存率は22.7%で、手術をした場合は30.3%   
【卵巣癌】   
癌が遠隔部位に転移しているか、あるいは肝臓実質に転移している 5年生存率は26.8%で、手術をした場合は31.4%  
【腎臓癌】   
遠隔転移があるか、所属しているリンパ節に2つ以上転移がある。
 同じ側の副腎にまで広がっている。5年生存率は15.9%で、手術をした場合は29.7%
  
【膀胱癌】   
深達度(癌がどれくらいもぐりこんでいるか)に関係なくリンパ節転移があるか、
他の臓器に遠隔転移があるとステージ4。5年生存率は25.2%で、手術をした場合は34.4%
 か、他の臓器に
遠隔転移があるとステージ4。5年生存率は25.2%で、手術をした場合は34.4%
  
  【甲状腺癌】
4A期:頸動脈の外側の(頸部)リンパ節あるいは縦隔の上寄り部分のリンパ節まで転移している。
 癌が甲状腺の外側の臓器

(皮膚組織、咽頭、気管、食道、反回神経)まで広がっている 
  
 4B期:癌が甲状腺の外側に広く(椎骨前筋膜、縦隔の血管や頸動脈)広がっている。
遠くの臓器への転移はないがリンパ節まで転移
 広がっている。
遠くの臓器への転移はないがリンパ節まで転移していることもあります
 4C期:癌が甲状腺から肺や骨など、遠くの臓器にまで転移している。
5年生存率は71.1%で、手術をした場合は80.4%
  
 
  
命を救う テラヘルツ分光治療法(近赤外線)は世界初
 
体に負担なく.がんを効果的に攻撃し.副作用なく治すことができるかもしれない
体に無害な
近赤外線(テラヘルツ振動子をいう)ガン細胞に対する体内の免疫機能を活性化させがんを壊すというもの  
     ガンになれば近赤外光線で体を巻きつけて180日すれば ガン検査でわかります
 奇跡がおこることを信じてください がん細胞は180日で栄養不足で死にますがガン細胞の大きさは少ししか
     縮少しませんが ガンのエネルギーはなくなりますからガンは発生しません
     その後180日はガンの検査をしてください
 
ウランシート 350μsV/h
  
 背中にもウランシート 350μsV/h
 
前 後から放射線350μsV/hで
    がん細胞を眠らせますと食欲がでれば
    がんは大きくならない 命助けます 
     ステージ4
 ステージIV
がんがはじめにできた原発部位を超えて
、離れた他の臓器へ転移している 
  がん細胞を眠らすとがん細胞は死滅します 180日間放射線350μsV/h 連続照射 
免疫細胞は元気になりがん細胞は冬眠します この方法はウラン鉱石がないとできません
 ウラン鉱石は日本にはない ケニア 北朝鮮 アフガニスタン 戦争の武器に使います ので輸入ができません ウランは被爆するほど効果がある
 反面 体の細胞を修復する効果もあります ウラン鉱石はDNA細胞をつよくしますので
 病気の治療 健康維持にも期待できます ウラン鉱石は被爆しません 核兵器をつくる 原料なのです
 
残念ですが日本にはウランはないですあれば 末期がんでも命は助かります 

戻る