ガンになったら絶対に治らない 治つた人がいますか 数年後にはガンで死ぬ 
5年相対生存率ではっきりわかる  ガンにならないことしかない
ガンは主に遺伝子 生まれた時にわかっています 両親がガンで死亡していると 必ずガンに注意すること
ガンにならない方法は強い免疫力 内臓体温が高い人はがんになりにくい
内臓体温37度以上あれば安全地帯である ガンの人は体温が36度以下は要注意
いくら皮膚体温が高くても内臓体温が低い人が多い 温泉 岩盤浴で入浴してもその時だけで
効果は低い 内臓体温は改善できない ならば近赤外線を体に照射することで
内臓細胞を元気にさせて.37度を維持できる体をつくる いわいるDNA細胞を高温にすることである
そんな夢のようなものがあるのか?? 世の中には知らないことは多い 自然石で免疫細胞を
高くできる鉱石が世界中には実在する それが放射線鉱石である 人間は自然界に存在する適度な放射線をあびることで
細胞は活性され元気な細胞ができると 内臓体温37度に到達するようになっている
生まれた時は37度以上 年数の経過にて人体細胞は35度まで低温になる人もいる
これが病気を発生させる 内臓体温37度以上の人は風邪 病気はしない 免疫が強いからである
そこで病気にならないために近赤外線について述べることにします
 D-0-80                                                                                           
  
   
 
 
   
ガンになれば治らない 生存率をご覧になっておそろしいと痛感されたことでしょう 
内臓体温を上げるには放射線鉱石を体に常時照射することです
 35度の人でも1か月後に37度になります ほんとうに奇跡がおきます
ガンになると数年先は死ぬ。。。。病院 医者の治療でガンが治った人いますか??
一時的な応急処置でステージⅣまでになるでしょう ガンになればだれも助からない
生存年数を長くしているだけです .ガン細胞は死滅しない 死滅したらまた生まれる
そういう体の細胞になっているから ガンから逃げられない 数年後は死が来る
ステージ1でガンが消えないから転移してステージⅣになったのでしょう
病院ではガンは治らないということ 世界中でガン治療の技術は日本が1番なのですが
ガンは治らないのです ガンが治った なくなったのではなく 休憩していて5年後には成長する
病院では一時的な気休めしかできないし ガンの治療方法がまったくないのです
抗がん剤は毒ガン剤といいます 元気な細胞を破壊します 抗がん剤してもしなくても長生きは同じです
タンパク質なし野菜だけたべていれば ガン細胞は増大しませんが 人間も元気でなくなる
 近赤外線でガン細胞を死滅できるかもしれない 夢のようなお話
 ご紹介しましょう
 ガンになれば一生治らない お金がある 有名人でも死んでいく
ガンを完全に死滅させる治療ができる病院 医師は世界中で誰もいないことになる





ガンの進行を止めることは一時的 がんの抗がん剤が効いたのですと医師からいわれる
数か月- 数年のうちに腫瘍マーカーが上がってきました 今の抗がん剤では効果がないため
今以上の薬を使わないといけない 画像をみせてのご説明を受ける
画像をみて残された時間は2カ月ほどと医師から告知される どうすべきか
 保険外の適用となります治療方法がございます 高額な費用をご負担していただければなりません
 免疫治療 NK活性療法 リンパ球療法 樹状細胞療法 ハイパーサーミヤー療法 ビタミンC療法などございます
 高額な治療をしたからと言ってガンが治るわけでなく がんの進行を遅らせる方法にすぎません
 ガンを体からすべてなくすことは 世界中でだれもできません ガン細胞を眠らせ餓死することができません
 

 
2016年8月30日の新聞でガンを死滅させることができる近赤外線によるがん治療が動物実験で成功したとのことです

 
 
 多額のお金を支払い 生命を延ばす方法なのかガン末期を受けてくれる病院(ホスピス)緩和ケア 終末期医療

  
 
自宅での延命治療の選択しか残されていません
近赤外線によるがん治療ができればガンは180日で餓死します そのようなことができれば 奇跡がおきます
近赤外線の放射をしていただける日本でただ1つありますメール  
 
ラドンホルミシスルームに1日10時間 20日過ごすことです
ラドンガスを人工的に発生させ.充満させる
ラドン生成発生装置(ラドン水の生成)  医療機器 ラドン吸入器 放射性物質ラドンの吸入器
ラドン水の生成装置は200万以上 
ラドン濃度は1万7000ベクレス/m3 10分間吸うと同濃度のラドンルームに10分間いたことになります
資料は別紙にて見ていただけます アドレスをコピーしてご覧いただけます
末期 余命2カ月 1か月の命を助けています 180日後には全くガン細胞のエネルギーはなくなり
腫瘍マーカーも急激に下がり 現在普通に労働されている人もわずかですがいらっしゃいます
病院では奇跡とおもわれているそうです 最後のチャンス近赤外線の放射の出会いに感謝です
命はもどりません近赤外線の放射が生命を救ってくれます(保険適用外)高額な医療ではないため
身近な金額で命を助けることができますが近赤外線の放射は条件がございます
医師から余命宣告3カ月以内と告知された人のみです それ以外のガン患者さんは病院の治療を受けてください
弊社では治療施設の人数が限れれていますので いかなることがあつても受け入れできません.
近赤外線の放射は未知のものです 50%以上 ガンを180日で死滅させることができません
まだまだ近赤外線によるがん治療が動物実験で成功しただけで人体は90%成功することではないためです
弊社は病院ではございません 近赤外線の放射の開発しているところです ご理解ください
セカンドオピニオン 在宅緩和ケアー がんになって家庭で住むために  末期がん患者さんが最期まで自宅療養 
セカンドオピニオンとは、今かかっている医師(主治医)以外の医師に求める第2の意見です。
この考え方が広がってきた背景には、従来の医師お任せ医療ではなく、インフォームド・コンセント(説明と同意)を受け、
自分も治療の決定に関わる医療に変わってきたという社会背景があります
 ガン治療は効果なし 医師から見放されガン治療はあきらめる あとはがん患者さんがどうすべきかを見守る治療
緩和ケアは、がん患者さんの苦痛を和らげ、患者さんとご家族にとって、自分らしい生活を送れるようにするためのものです。
がん患者さんは、がん自体の症状の他に、痛み、倦怠感など様々な身体的な症状や、落ち込み、悲しみなど精神的な苦痛を経験します。
「緩和ケア」は、がん治療の初期段階から、がんの治療と並行して行うものなので、
「緩和ケア」について考えるタイミングは「遅すぎる」ことはあって「早すぎる」ことはありません。

 在宅緩和ケア(在宅ホスピス)は基本的に医療保険制度の中で提供されますので、病院の医療よりお金がかかるということはありません。
ただ、ベッドのレンタルとか訪問入浴といった介護保険で提供されるサービスや訪問診療、訪問看護の時に発生する
交通費は別途負担になります。でも、金額としてはそれほど高くはありません。逆に、入院の際に発生する個室料の差額など
病院において余計にかかる費用も少なくありません。 と言う訳で、在宅の方が入院よりお金がかかるということは一般的にはありません。
 末期がん患者への抗がん剤投与について質問例
末期がんの患者は抗がん剤をいくら打ってもガンは治らないし非常に強い副作用で苦しむだけ苦しんで体力がどんどん弱り
最後は抗がん剤で命を失うし寿命も抗がん剤を打つことで短くなる

末期がん患者は一切抗がん剤を打たないでそのまま余生を送るのが良い、そうすると余生を抗がん剤で苦しまなくて良い
、抗がん剤打たないと寿命も延びるので家族と過ごしたり遣り残したことに取り組めてよいということです
医者、製薬会社、厚生省は抗がん剤を患者にたくさん使えば使うほど3者とも利益が得られるといってました
どう思いますかあなたが判断はすることです
 
 医師から見放された患者さん どうしても命を助けてあげたい してあげられることはないのだろうか??
医者からはもう手の施しようがないと言われました。
ガンと診断されたら抗がん剤  抗がん剤は危険がともなう(毒ガン剤)
 抗がん剤をしない治療方法がある 放射能でガンは180日冬眠すればガン細胞は栄養不足で死ぬ

がんになったら治らない 病院で多額のお金を使い 民間治療をさがし出してお金をつかい ガンの治療はどこにいっても 命は助からない
死んでいく これが最後の助け人ガンの治療をするのではなく ガン細胞を180日冬眠させる方法がある
ガン治療ではない ガンの睡眠薬であると考えてください  皮膚からラジウムシリコンパットを貼り付けるだけでOK
前 背中と両面に貼りつけば 仕事もできます 入院中の方も同じように貼り付けすればガン細胞は眠る
ガンになれば必ず短命 医師はガンをみつけ抗がん剤を投与する この方法しか治療が見つからない
抗がん剤を投与すれば 免疫は落ちる ガンは100%死なない わずかな
1%であっても転移して拡大する
ガンになれば必ず死ぬ 年齢にて早いか遅いかである 保険適用の範囲なら早まるし多額の医療費を支払えば延命治療できる
いずれにせよガンになれば死ぬ 世界中ガンを治療できる名医もいない 薬もない 抗がん剤投与するしない
でも生きる長さはほぼ同じ 何も治療しないほうが長生きできることもある ガン細胞の性質にて生きる年月は異なる
自宅で治すガン治療 どうすることが望ましいのでしょうか  放射線ホルミシスのメッカ 名高い バドガシュタイン 治療法
高濃度のラドンガスを吸い込む 3週間の治療 9回の治療 年1回程度 9割の患者が回復する
末期ガン重度の糖尿病 重症のパ-キンソン病の患者さんの体験  低放射線ホルミスは体にどれだけいいのか体験
1号棟 2F   中病人施設   メール  ご相談はすべてメールになります
今後の治療は180日 がんを眠らせる方法 180日でがんは死滅する 180日冬眠させる方法あります 通常の生活ができます 
 
ラジウムシート 350μsV/h
  
 背中にもラジウムシート 350μsV/h
 
     前 後から放射線350μsV/hで
    がん細胞を眠らせますと食欲がでれば
    がんは大きくならない 命助けます 
    ステージ4
 ステージIVがんがはじめにできた原発部位を超えて
、離れた他の臓器へ転移している 
 
   
抗がん剤(放射線液) 麻薬 に替わる レアアースクリーム50% 
60g (30日分)
¥24800(税別) メール  末期ガン(手術のできない部位)
近赤外光線治療
 皮膚から10cm細胞温度を高める作用がございますので内臓体温37度以上あげることで
ガン細胞を眠らせる役目をします
 テラヘルツ レアアースクリーム含有量40% (30日分)60g ¥19800税別 含有量40% (50日分)80g ¥21800税別
末期ガン(手術のできない部位)  
 テラヘルツ レアアースクリーム含有量 50% (30日分)60g ¥24800税別  含有量50% (50日分)80g ¥27800税別
  速攻性を求める人 痛みを抑えたい人
 
がん細胞を眠らすとがん細胞は死滅します 180日間放射線350μsV/h 連続照射 
免疫細胞は元気になりがん細胞は冬眠します この方法は 資料は別紙にて見ていただけます アドレスをコピーしてご覧いただけます
末期 余命2カ月 1か月の命を助けています 180日後には全くガン細胞のエネルギーはなくなり
腫瘍マーカーも急激に下がり 現在普通に労働されている人もわずかですがいらっしゃいます
病院では奇跡とおもわれているそうです 最後のチャンス近赤外線の放射の出会いに感謝です
命はもどりません近赤外線の放射が生命を救ってくれます(保険適用外)高額な医療ではないため
身近な金額で命を助けることができますが近赤外線の放射は条件がございます
医師から余命宣告3カ月以内と告知された人のみです それ以外のガン患者さんは病院の治療を受けてください
弊社では治療施設の人数が限れれていますので いかなることがあつても受け入れできません.
近赤外線の放射は未知のものです 50%以上 ガンを180日で死滅させることができません
まだまだ近赤外線によるがん治療が動物実験で成功しただけで人体は90%成功することではないためです
弊社は病院ではございません 近赤外線の放射の開発しているところです ご理解くださいがないとできません
  資料は別紙にて見ていただけます アドレスをコピーしてご覧いただけます
末期 余命2カ月 1か月の命を助けています 180日後には全くガン細胞のエネルギーはなくなり
腫瘍マーカーも急激に下がり 現在普通に労働されている人もわずかですがいらっしゃいます
病院では奇跡とおもわれているそうです 最後のチャンス近赤外線の放射の出会いに感謝です
命はもどりません近赤外線の放射が生命を救ってくれます(保険適用外)高額な医療ではないため
身近な金額で命を助けることができますが近赤外線の放射は条件がございます
医師から余命宣告3カ月以内と告知された人のみです それ以外のガン患者さんは病院の治療を受けてください
弊社では治療施設の人数が限れれていますので いかなることがあつても受け入れできません.
近赤外線の放射は未知のものです 50%以上 ガンを180日で死滅させることができません
まだまだ近赤外線によるがん治療が動物実験で成功しただけで人体は90%成功することではないためです
弊社は病院ではございません 近赤外線の放射の開発しているところです ご理解くださいは日本にはない ケニア 北朝鮮 アフガニスタン 戦争の武器に使います
 ので輸入ができません 資料は別紙にて見ていただけます アドレスをコピーしてご覧いただけます
末期 余命2カ月 1か月の命を助けています 180日後には全くガン細胞のエネルギーはなくなり
腫瘍マーカーも急激に下がり 現在普通に労働されている人もわずかですがいらっしゃいます
病院では奇跡とおもわれているそうです 最後のチャンス近赤外線の放射の出会いに感謝です
命はもどりません近赤外線の放射が生命を救ってくれます(保険適用外)高額な医療ではないため
身近な金額で命を助けることができますが近赤外線の放射は条件がございます
医師から余命宣告3カ月以内と告知された人のみです それ以外のガン患者さんは病院の治療を受けてください
弊社では治療施設の人数が限れれていますので いかなることがあつても受け入れできません.
近赤外線の放射は未知のものです 50%以上 ガンを180日で死滅させることができません
まだまだ近赤外線によるがん治療が動物実験で成功しただけで人体は90%成功することではないためです
弊社は病院ではございません 近赤外線の放射の開発しているところです ご理解くださいは被爆するほど効果がある
 反面 体の細胞を修復する効果もあります  資料は別紙にて見ていただけます アドレスをコピーしてご覧いただけます
末期 余命2カ月 1か月の命を助けています 180日後には全くガン細胞のエネルギーはなくなり
腫瘍マーカーも急激に下がり 現在普通に労働されている人もわずかですがいらっしゃいます
病院では奇跡とおもわれているそうです 最後のチャンス近赤外線の放射の出会いに感謝です
命はもどりません近赤外線の放射が生命を救ってくれます(保険適用外)高額な医療ではないため
身近な金額で命を助けることができますが近赤外線の放射は条件がございます
医師から余命宣告3カ月以内と告知された人のみです それ以外のガン患者さんは病院の治療を受けてください
弊社では治療施設の人数が限れれていますので いかなることがあつても受け入れできません.
近赤外線の放射は未知のものです 50%以上 ガンを180日で死滅させることができません
まだまだ近赤外線によるがん治療が動物実験で成功しただけで人体は90%成功することではないためです
弊社は病院ではございません 近赤外線の放射の開発しているところです ご理解くださいはDNA細胞をつよくしますので
 病気の治療 健康維持にも期待できます ラジウム鉱石は被爆しません 核兵器をつくる 原料なのです
 
残念ですが日本にはラジウム鉱石はないですあれば 末期がんでも命は助かります   
自宅でガン治療はどうすべきか??
がん細胞のある位置にラジウム鉱石の放射線シートを貼り付けて.ガンを冬眠させれば.180日でがん細胞は栄養不足で餓死します
 この方法の治療はだれもが否定します.100%嘘話しと思う
 想定外のことでもありラジウム鉱石が日本にもない 輸入できないから判らないことで.被爆する100%の思い込み
 末期がんで命を助かった人に聞けば 被爆はしない元気になりましたと答えます????.被爆する100%嘘話しです 
会社概要    KDD(株) 大阪市城東区新喜多1丁目2-7-1708    通販法   今までの納品先
      近赤外線開発施設 滋賀県野洲市木部930  077-589-2354  
民間療法でガンは死なない ガンは眠らせればいい 180日ガン細胞が眠る(活動をとめること)
そんなところがあれば命は助かる 末期がんで死ぬこともなくなる 
 
 海外からも受け入れています 日本人 外国人問わず ホルミシスラドン温湿ルームでガンを眠らせてみませんか 
ホームページを見ていただけた方は神様が助けてあげようと していただいた出会いに感謝
奇跡をおこしましょう 信じるものは救われます 営利目的での施設ではございません
ガン患者さんがガンから克服できるための知恵を授けるものです
 短期間ですがステージⅣの末期
医者からはもう手の施しようがないと言われました方のみ受け入れました 
ほとんどの方が10日程度で命を救われ普通の生活を送られています ガンの克服された人とお話もしていただけます 

         家族の心境を語る

 義父が末期がんです。
医者からはもう手の施しようがないと言われました。
余命3~6ヶ月だそうです。家族として精一杯のことをしてやりたいのです。
地方在住ですが、都会の病院に行けばもしかしたら何とかなるのではという思いがよぎります。
果たしてこのような病人を受け入れてもらえるものなのでしょうか?
非現実的な話なのでしょうか?何でもいいので、お返事ください。 
ただ闇雲に都会の病院に行ったとしても、無理かもしれません。
#1の帯津先生もそうですが、終末期医療を取り入れている病院を探してみると、
受け入れてくれるかもしれません。
新しい病院に行く際は、必ず今の病院から紹介状を貰ってくださいね。
いくつかのサイトを紹介します。
・緩和ケア病棟を有する病院一覧(国立がんセンター)
 http://www.ncc.go.jp/jp/ncc-cis/pub/index/hospitals_k.html
・全国ホスピス・緩和ケア病棟連絡協議会
 http://www.angel.ne.jp/~jahpcu/
「ホスピス」「緩和ケア」「終末期医療」「末期癌」等で検索するといろいろ参考になるものが検索できると思います。
本人がしたいことを優先させてあげて、且つ、家族が後々後悔しないように、
出来る限りのことをするのが良いと思います。

家族の思い出を作るもよし、考えうる限りの治療をうけさせるのもよし、
民間療法もよし、効果はともかくやるだけのことはやった。
と言うことが出来た方が、お義父様にとってもご家族にとっても大切なことだと実感しました。
この考え方が広がってきた背景には、従来の医師お任せ医療ではなく、インフォームド・コンセント(説明と同意)を受け、
自分も治療の決定に関わる医療に変わってきたという社会背景があります

戻る