美白クリーム  肌の再生機能があるクリーム 皮膚の再生クリーム
始めよう美白肌???  バドガシュタインは皮膚肌をきれいにできるのか

容器 80g市販品 
化粧品 定価¥23000 1個 80g容器入No12800 容器変更  
メールまでお申し込みください

アルムメゾン59.8% カンテン10.25% グル-プフル-ツエキス2.86% ゼラチン2.012%
     ヒアルロンコラーゲン3.15% レアアース10.51% 
     銀イオン(ナノーシルバー分散液)PR-WB14R 0.362%     水分11.056%
B-3-12 
肌の化粧水 
皮膚細胞の活性
..しわ.たるみ皮膚しみ 手にすり込むと皮膚殺菌 
皮膚の浸透性がきわめていいので.
白肌に美しくします傷には避けてください.殺菌剤で ピリと感
じます 
  溝の深いしわを伸ばしたい 皮膚の中にたるんだ肌をひきしまった肌にしたい方の即効タイプ  普通タイプ
  No.6300
しわのばし美容液 容量50mL 
 OEM 受注文生産 即効タイプ 
原料名 イオン交換液 セリシン ヒアルロン酸コラーゲン
10度以下で保管してください

セリシン20% イオン交換液60%
ヒアルロン酸コラーゲン
 20%  
  
 No.5500
しわのばし美容液 容量50mL
 OEM 受注文生産普通タイプ
原料名 イオン交換液 セリシン ヒアルロン酸コラーゲン
10度以下で保管してください

セリシン10% イオン交換液80%
ヒアルロン酸コラーゲン
 10% 
 
  仕上げ用  テラヘルツ美容ジェル 実年齢より10歳若く見られます
 NO.9800
テラヘルツ美容ジェル 容量50mL OEM 受注文生産 
 
製造 KDD(株)医療事業 077-589-2354
メール
会社概要    KDD(株) 大阪市城東区新喜多1丁目2-7-1708     特定商取引法  今までの納品先
                高度医療事業 製造  滋賀県野洲市木部930  077-589-2354        FAX 077-589-4892
肌の若返り 1回で反応 なんで?? きれいに 3時間程度保持します
細胞に元気を与えましょう  深いしわは日数が必要です(ためして実感)
 サンプルご希望 小さなビニールの小袋にて発送 封筒     メール
       
  
内容量 100CC
¥1800(税別) お試しサイズメール
包装紙
 
サンプルサイズ
弊社の製品のご購入と同時にお申し込みくださいメール
 
内容量 500mL 
¥9800(税別)容器の変更あり
容器変更あり
メール
 
成分 スカンジウム.
イットリウム.などの金属希土類17元素

グリセリン.アルコール.クエン酸 、尿素.精製水.その他
皮膚の再生 細胞の活性のために成分として使っています レアアース
レアアースの主な用途
水素吸蔵合金 二次電池原料 光学ガラス 磁石 蛍光体 研磨剤 ガラス.塗料光輝材 コンデンサー.光磁気ディスク.排ガス浄化触媒
鋳物用添加剤、マグネシウム合金などに使います
 
元素の周期表
H                                 He
Li Be                     B C N O F Ne
Na Mg                     Al Si P S Cl Ar
K Ca Sc Ti V Cr Mn Fe Co Ni Cu Zn Ga Ge As Se Br Kr
Rb Sr Y Zr Nb Mo Tc Ru Rh Pd Ag Cd In Sn Sb Te I Xe
Cs Ba La Hf Ta W Re Os Ir Pt Au Hg Tl Pb Bi Po At Rn
Fr Ra Ac                              
        Ce Pr Nd Pm Sm Eu Gd Tb Dy Ho Er Tm Yb Lu
        Th Pa U Np Pu Am Cm Bk Cf Es Fm Md No Lr
 H / 水素 / Hydrogen 
レッド 放射性元素 黄色  常温常圧で ガス気体 グリーンは取り扱い元素です
 
 

2010年09月30日 (木)時論公論 「どう確保するレアアース」

ニュース解説・時論公論です。
日中関係の悪化で、日本にとって必要不可欠な資源の確保が脅かされています。ハイテク製品の生産に欠かせないレアアースの中国からの輸入が滞っているからです。
日本はレアアースのほとんどを中国からの輸入に頼っています。供給不安が続くようですと、日本経済を支えるハイテク産業に支障がでかねません。
今夜は、中国への依存から脱却してレアアースを安定的に確保するには何が必要なのかを考えます。

この問題の深刻さを理解するには、レアアースとは何なのか、なぜそれほど重要なのかを知る必要があります。レアアースは、
国が指定する31の希少金属・レアメタルのひとつです。実際は17の金属元素から成り立っていますが、性質が似ていて一緒に
産出される事が多いために一括してレアアースと呼ばれます。採れる場所が限られていることや、純度の高いものを取り出すのが難しいために、この名前がつきました。

最大の特徴は、ごく僅かな量でも他の金属に混ぜると、強度が高まったり、磁力が強くなったり、光を出したりする性質があることです。
この性質を利用して、例えば200度近い高温になるハイブリッド車や電気自動車のモーターには、高い温度でも磁力を保つ性質をもつ
レアアースが使われています。パソコンや携帯電話、液晶テレビや太陽光発電パネルと幅広い製品に利用されています。
イメージは脇役の印象ですが、ハイテクもの作り大国・日本の製造業を支える陰の主役と言えるものです。

j100930_01.jpg

 レアアースは中国や旧ソビエト諸国、アメリカなどにもあり、中国の埋蔵量は36%程です。

j100930_02_1.jpg 

ところが生産量をみると中国の割合は、97%にも達します。人件費や採掘にかかるコストの圧倒的な安さで、中国が独占的な地位を築いたのです。
日本の一昨年の輸入量は3万2千トン、ほとんどが中国からの輸入で、日本は供給を中国に頼りきっているのです。

j100930_02_2.jpg

 これをみますと、今回の事態は唯一といっていい入手ルートが絶たれたに等しく、日本の基幹産業を脅かしかねない事が分かっていただけると思います。

中国政府は「国が輸出を止めるようなことはしていない」と輸出制限を否定しています。きのうになって輸出再開を伺わせる動きも出ていますが、
経済産業省は、輸入商社やメーカー30社を対象に実態調査を始めています。これによって日本を狙い撃ちにした輸出制限の事実が
確認されれば、国による差別を禁じた国際貿易ルールに違反します。事実関係はきちんと解明すべきだと思います。

ハイテク産業の現場には、いまのところ大きな混乱は起きていません。大手自動車メーカーや電機メーカーには在庫があって、
生産活動にすぐに支障をきたす状況にはないということです。一方、輸入したレアアースの加工業者は先行きへの不安を募らせています。
実はこの7月、中国政府はレアアースの輸出枠を削減すると発表したため、価格は高いもので今年初めに比べて2倍にも跳ね上がり、
日本の化学メーカーや電子部品メーカーは来月から製品の値上げに追い込まれていたからです。

j100930_03.jpg

今回の騒ぎのあるなしに拘わらず、中国はレアアースのいわば囲い込みを強める傾向にあります。先程も触れましたが、
中国政府は7月、レアアースの今年の輸出枠を去年より40%も削減すると発表しました。日本政府は先月の閣僚級の
日中ハイレベル経済対話で、見直しを求めましたが、中国は環境保全や資源保護を理由に日本の要請を突っぱねました。

この背景には中国のレアアース戦略の転換があります。経済発展に伴って中国国内でもハイテク産業が成長しているので、
国内産業へのレアアース供給を優先させる。さらに、レアアースをそのまま輸出するのではなく、加工や製品化してもっと高い
値段売れるように自前のレアアース産業の育成する、こうした意図があると専門家は見ています。
つまり、今回の混乱が収束したとしても、中国がレアアースの輸出を抑制する可能性が高いとみなければなりません。
中国への行き過ぎた依存体質を改める時期に来ていると思います。

では、どうやって脱中国を実現していくかです。レアアースの使用量を節約したり、レアアースに代わる代替品を開発したりする
取り組みは、個別の企業や研究機関を中心に徐々に進んでいます。代替品の開発では例えば、立命館大学の研究グループが、
レアアースを使わずに液晶テレビやレンズといった精密なガラス製品を磨く研磨剤の開発に成功しました。研究グループは、
来年度末を目標に実用化を目指すといっています。研磨剤には多くのレアアースが必要とされているだけに、実用化されれば画期的なことです。

こうした努力の他に、レアアースの新たな供給源を見つける事が欠かせないと思います。

j100930_04.jpg 

一つは、使用済みのハイテク製品を集めて、そこからレアアースやレアメタルを取り出して再利用する試みです。
携帯電話やパソコンの普及台数を基に、数字だけをみればかなりの量の回収が期待できます。しかし、課題は2つあります。第1に、
日本にはレアメタルやレアアースの回収を目的にした法律はありません。リサイクルを組織的で効率的に進めるためには、
例えば家電リサイクル法のような義務化を含めたレアアース回収の法律を作る事を検討してはどうでしょうか。2つ目はさまざまな物質が
混じっている中から、レアアースだけを分離して回収する事は大変難しく、様々な試みは行われていますが、日本ではまだ回収技術が
確立されていません。採算に見合う、コストの安い回収技術の実現が大きな課題です。

j100930_05.jpg 

次に中国とは別の輸入先を増やす事です。一部の商社がベトナムやカザフスタンで、鉱山の開発や、
地元企業との合弁事業でウラン鉱石の採掘で余った土からレアアースを採取する計画を進めています。そうした中で注目されるのは
アメリカの動きです。アメリカは1980年代までレアアースの最大の生産国でした。しかし採掘に伴って出る放射性元素を取り除くのに
費用がかかりすぎたために、コストの安い中国に対抗できず撤退した経緯があります。ところが世界的な需要の高まりや
中国の輸出制限を受けて、アメリカ西部の世界有数の鉱山が操業再開の準備を進めているといわれます。輸入先の多角化で、
どれだけのレアアースを確保できるか不透明な部分は残ります。しかし、大切な資源を一国からの輸入に頼るといういびつな構造
を変えるためには、今後もこうした努力は続けるべきだと思います。

代替品の開発やリサイクルにしろ、輸入先の多角化にしろ、どれか一つで万事解決とはいきません。備蓄も含めて、政府は
、レアアースやレアメタルの確保に向けた総合的な戦略を策定する必要があると思います。最後に日本政府への注文です
。政府は、中国との経済関係は、市場の論理と国際ルールに基づくということを、明確に態度で示して欲しいと思います。
レアアースではありませんが、中国の鉱物資源の輸出規制が国際ルールに反するという理由で、去年6月アメリカとEUは
WTOに提訴しました。しかし日本は、中国を刺激するのは避けるという配慮もあって提訴を見送りました。もちろん、
いたずらに貿易摩擦を引き起こす必要はありません。しかし、理不尽な措置に対しては、あくまでルールに照らしてWTOの場で
決着をつける、場合によっては欧米諸国と連携する、そうした決断が必要だと思います。

 幹細胞培養液 現液  化粧品 SATU SKIN ACTIVATOR ENACEI 
お顔の肌が赤ちゃんの肌に、、、幹細胞iPS細胞 製造 美容王国 韓国工場
  生きた幹細胞原液をお顔にスプレーするだけで お顔の美容整形ができる
女性はいつまでもきれいにいたいという願望

【成体幹細胞;Tissue Stem Cell
 成体幹細胞は、身体の組織に存在しており、ある程度の多分化能を持ち、発生過程や、細胞死、損傷組織の再生において、新しい細胞を供給する役割を持つと考えられている。ES細胞に比べると、成体幹細胞の持つ多分化能は限定されると考えられているが、自己の幹細胞を治療に用いることができることから、現在、多くの臨床応用が進められている。

iPS細胞;induced Pluripotent Stem Cell
 iPS細胞は、2006年に京都大学の山中伸弥教授によりマウス線維芽細胞にウイルスベクターを用いて4つの因子(Oct3/4, Flk1, Sox2, c-Myc)の遺伝子を導入することで、人工的にES細胞様の多能性幹細胞が樹立された。翌2007年には、同教授により、ヒトの細胞を用いたiPS細胞の
作製にも成功し、成熟細胞のリプログラム(細胞の若返り)の可能性とともに、再生医療への
応用など多くの分野で注目を浴びている幹細胞の一つである。

 
 
幹細胞培養液  3本セット¥39800(税別)送料無料 2回目からは継続¥28000(税別)
180日で再生する日本では独占販売
幹細胞Stem Cell
 幹細胞は、自己複製能と様々な細胞に分化する能力(多分化能)を持つ特殊な細胞である。
この2つの能力により、発生や組織の再生などを担う細胞であると考えられている。
幹細胞には、その由来や能力などから、幾つかの分類がされており、主に胚性幹細胞(ES細胞)
成体幹細胞、iPS細胞などが挙げられる。。
B-3-29  会社概要    KDD(株) 大阪市城東区新喜多1丁目2-7-1708    通販法   今までの納品先
      幹細胞培養液販売   事業   滋賀県野洲市木部930  077-589-2354 FAX 077-589-4892
幹細胞 (Stem Cell)「幹細胞とは」 
 

幹細胞Stem Cell
 幹細胞は、自己複製能と様々な細胞に分化する能力(多分化能)を持つ特殊な細胞である。
この2つの能力により、発生や組織の再生などを担う細胞であると考えられている。
幹細胞には、その由来や能力などから、幾つかの分類がされており、主に胚性幹細胞(
ES細胞)成体幹細胞、iPS細胞などが挙げられる。

【胚性幹細胞;Embryonic Stem Cell (ES細胞)
 胚性幹細胞(ES細胞)は、受精卵後、胚盤胞の段階に発生した胚(内部細胞塊)より分離され、
株化された幹細胞である。故に、ほぼ全ての組織(細胞)への分化能を有する万能細胞と考えられている。

 

【成体幹細胞;Tissue Stem Cell
 成体幹細胞は、身体の組織に存在しており、ある程度の多分化能を持ち、発生過程や、細胞死、損傷組織の再生において、新しい細胞を供給する役割を持つと考えられている。ES細胞に比べると、成体幹細胞の持つ多分化能は限定されると考えられているが、自己の幹細胞を治療に用いることができることから、現在、多くの臨床応用が進められている。

iPS細胞;induced Pluripotent Stem Cell
 iPS細胞は、2006年に京都大学の山中伸弥教授によりマウス線維芽細胞にウイルスベクターを用いて4つの因子(Oct3/4, Flk1, Sox2, c-Myc)の遺伝子を導入することで、人工的にES細胞様の多能性幹細胞が樹立された。翌2007年には、同教授により、ヒトの細胞を用いたiPS細胞の
作製にも成功し、成熟細胞のリプログラム(細胞の若返り)の可能性とともに、再生医療への
応用など多くの分野で注目を浴びている幹細胞の一つである。