放射能測定機器の検査     放射線 (ガンマ放射線・X線・ベータ線)の検出に
 B-33-04
放射能測定器 ガンマ放射線・X線・ベータ線を検査
    
ほんとうに放射能測定器は ガンマ放射線・X線・ベータ線を確認する
体に害のない程度の検査用粉末を使って測定しています↓ 
0.855μsv/h以下の測定になります(正常な測定値) 0.855μsv/h(8500CPM)以上の単位の測定値で
測定値が正しく動作するかの確認検査です
ガイガカウンターは 放射線の測定
ガイガーカウンターはすべて海外輸入品です 校正証明書とはのないものについては
ガイガカウンターは 放射線の測定
ガイガーカウンターはすべて海外輸入品です 校正証明書は別途費用が必要です
校正証明書は外国の製造メーカーが国の公共検査機関に申請して機器1台につき校正証明書1枚発行します
手続きに30日以上必要です 別途費用は¥3万円
海外製品を日本の公共検査機関に校正証明書の申請してもできません 製造された国でしか申請しかできません
   そこで↓

 
検査容器
  
 

会社概要    KDD(株) 大阪市城東区新喜多1丁目2番7-1708    通販法   今までの納品先

 測定機器製造事業   滋賀県野洲市木部930
 
 放射能測定 レンタル
短期レンタル
 焼却前のがれきの空間放射線量を測定 震災がれき入りコンテナの空間線量を測る
  
GMサーベイメータ TGS-123C
日立アロカ ガイガー管使用
短期間 レンタル 14日間 ¥29000(税別)往復送料は平均¥2400~¥2900は ご負担ください
                    検査基準値の測定 粉末レベル検査できます
機器の動作確認に必要です
 メールで申し込みください 077-589-2354

使用書放射能測定機器 ガイガカウンター 短期間 レンタル 14日間
 検査依頼 メールで問い合わせ 見積もりさせていただきます

静岡・島田市が、震災がれき本格受け入れ開始

産経新聞 5月23日(水)20時50分配信

島田市の地元町内会代表者らが焼却前のがれきの空間放射線量を測定した=23日午前、島田市伊太の田代環境プラザ(菅万紀撮影)(写真:産経新聞)

前の写真へ

静岡・島田市が、震災がれき本格受け入れ開始

次の写真へ

<震災がれき>静岡・島田市が焼却開始へ 混乱なく搬入

毎日新聞 5月23日(水)12時30分配信

到着した震災がれき入りコンテナの空間線量を測る住民ら=静岡県島田市伊太7の市田代環境プラザで2012年5月23日午前10時52分、山本佳孝撮影

<震災がれき>静岡・島田市が焼却開始へ 混乱なく搬入

前の写真へ

   
セシュウム.ヨウ素

測定機器合格
 
 
   
②-1 ③-1 ④-1 
 
 
②-1
 
②-3
 
②-5
 
②-6
 
②-7
 
①電池を入れる
 電池が少なくなると左下にLoBの表示が出ます。
②年、月、日、時間設定をする(F4)にする
 1.Mボタンを押してF4にする
 2.表示の横にある選択ボタンを押して年表示にする
   Mボタンで年入力
 3.選択ボタンを押して月表示にしてMボタンで月を入力
 4.選択ボタンを押して日表示にしてMボタンで日を入力
 5.選択ボタンを押して時表示にしてMボタンで時を入力
 6.選択ボタンを押して分表示にしてMボタンで分を入力
 7.もう一度選択ボタンを押して完了
③警報値の設定(F5)設定した表示以上のレベルを超えると
 ブザーがなる設定です。
 1.MボタンでF5にする
 2.選択ボタンを1回押して離すと4桁の表示がでます。
 3.選択ボタンは桁の変更でMボタンは数字の変更です。
 4.4桁を入力できたら選択ボタンを押すと小数点が移動します。
 5.次に選択ボタンを押すと右上のmSvhとμSvh表示の切り替えです。
 6.次に選択ボタンを押して時間が出たら入力完了です。
 7.入力ミスをした場合1.からやり直しです。
④累積線量測定数値の警報値の設定(F6)計測開始から
 今までの数値を足した合計数値です。
 1.MボタンでF6に設定して選択ボタンで(F5)の時と同じ様に設定します。
   (右下)のmSvの表示は変更できません。
 2.設定した数値のレベルを超えるとブザーが鳴ります。
⑤累積線量測定数値増加量の警報設定(F7)設定すると位が上がるたびに
 ブザーの音が早くなります。
 (F3でDELするか、電池を抜かないと音は止まりません。)
⑥累積測定線量・測定最大値の削除(F3)
 1.MボタンでF3に設定して選択ボタンを長押しでブザー音が
  1回出るか、左下の方にDELの表示が出たら削除完了です。
⑦表示がおかしくなった場合は電池を入れ直して下さい。  

戻る