良性発作性頭位 めまいとはどんな病気か
 耳が原因で起こるめまいのなかで最も頻度の高いもので、寝返りをうったり、寝ていて急に上半身を起こしたり、座っていて急に振り向いたり、
棚の上のものを取ろうとして急に上を向いたりした時に、急激に回転性の激しいめまいが起こる病気です。

 昔、結核(けっかく)にかかってストレプトマイシンを使った人、交通事故などで頭の外傷を受けた人、
あるいは慢性中耳炎(まんせいちゅうじえん)のある人などに多く起こります。

原因は何か 内耳の前庭器官(ぜんていきかん)は、頭が地面に対してどのような位置にあるかを感じるための機能をもっています。
良性発作性頭位めまいは、前庭器官に異常が生じたために、頭の位置の変化を過敏に感じてしまう結果起こる病気と考えられています。
 前庭器官の耳石器(じせきき)の上には、炭酸カルシウムでできている耳石が多数のっていますが、この耳石が本来の位置から外れて、
別の種類の前庭器官である半規管(はんきかん)のクプラに付着したり、半規管のなかに遊離したりして、それが頭を動かした際に動いて
三半規管を刺激するのが原因であるという説が有力になっています。


症状の現れ方 前述したように、何気なしに頭を動かしたり、朝起きようとして枕から頭を上げたりしたあとなどに、急激な回転性のめまいが起こります。
めまいは長くても数十秒で消失します。また、何回か同じ動作を繰り返していると、だんだん軽くなるのが特徴です。吐き気を伴うことがありますが、
難聴や耳鳴りなどの聴覚の症状は起こりません。

検査と診断 めまいが起こる頭の位置で眼振(がんしん)が現れ、次第に増強、減弱します。
聴力検査、温度眼振検査では異常を認めないことがほとんどです。

治療の方法
 良性といわれるように、一般には比較的早いうちにめまいはなくなります。めまいが少し軽くなってきたら、積極的にめまいが起こりやすい
頭の位置をとるといった
リハビリテーションをすることも治癒を早めます。また最近では、頭位変換療法と呼ばれる、
遊離した耳石を元にもどす方法が開発され、良好な成績を上げています。
100%完全治療方法はない
良性発作性頭位めまいに気づいたらどうする
 
、この病気に似た症状で、
内耳の障害でなく脳の病気の場合があるので、専門医の診断が必要になります。

 そこで ラドンホルミシス治療方法なら良性発作性頭位は改善する
 放射線ホルミシス ラドンルームの製造  難病治療  手術不能のガン治療.難病の技術研究開発   
 末期がん 医師から宣告 末期がん治療手術できない 体にガンが転移している ガンの日本一 外科医 名医
 高濃度ラドン温湿浴 4万ベクレル ラドン222 
 放射線ホルミシス療法 は抗癌剤などの化学療法 手術や高線量放射線照射などといつたらあらゆる
標準治療とも合い.副作用軽減作用.主作用増強作用があります 
放射線ホルミシス療法は性別などの個人による効果の差がありません 放射線療法は誰にでも効果がでます
ラドン温湿浴  1時間後の効果を実感していただけます   電話FAXでの予約必要応対はしておりません
 メールのみ予約可能
 メール  KDD(株)滋賀県野洲市木部930 
電話 FAXでの問い合わせは受付していません
   JR京都駅から新快速25分 送迎無料(予約以外できません)完全予約制
 メールで返事します
 ホルミシスは最先端の統合療法です 放射線ホルミシス研究の先端を行く日本
ラドンルーム治療法 放射線ホルミシス ラドン温湿浴 バドガシュタイン並のラドン濃度を実現 
ラドンミスト発生装置 吸入装置 難病治療  手術不能のガン治療 
 DVD映像でご覧ください
 
会社概要    KDD(株) 大阪市城東区新喜多1丁目2番7-1708     通販法   今までの納品先
             高度医療開発事業   滋賀県野洲市木部930  077-589-2354 FAX 077-589-4892
 
  入り口(開閉スライド式)
W715mm H1400mm
外壁 合板18mm ランドコアー(両面プリント)
 オート照明センサー. 酸素吸引ガス 火災報知機
  
 
ラドン含有量
4000ベクレル/m3以上
内寸H1990mm L2305mm
床パネルW603mmL2305mm
 
ルーム外寸 
H2135mmW1015mm L2430mm
本体重量300kg 
 
ラドン ホルミシスガス発生装置
         
 
  
 放射線量1200μSV/hの高濃度の吸引
   にて 体内DNA細胞修復させます
 
室内のラドン量の目安測定
 
超音波ネブライザー吸入器
K-200 ウラン鉱石は2個つかいます

 末期ガン場合には1200μSV/h 以上
自宅治療 がん細胞を眠らせます
ケニア ウクライナー アメリカ ロシア 
などにある  
日本にはない 
 
 
   
低ホルシス放射線量 264.1μSV/h
ラドンパネル(テラヘルツ加工)
374mmX677mmX6枚
374mmX848mmX2枚
 
  
 バドガシュタイン200kg以上
    高濃度ホルミシス 20μsV~45μSV
      温熱ガスでホルミシスを発生させる
 
 
 温度 湿度 空気濃度タイマー 
    ヒーターリモコン
  がん細胞 参考例 がん克服
末期がん治療方法
末期がんをみごとに克服された報告とは??
 胸腺腫、胸腺がんは胸腺の表層に悪性(がん)細胞が生じる病気 胸腺腫、胸腺がんを疑う症状としては、咳や胸痛があります。
  • 持続する咳。胸部痛。呼吸困難。 胸腺腫と胸腺がんは、時として症状がない場合があります。
  • がんは、定期的な胸部X線検査において発見されることがあります。次の徴候は、胸腺腫、
  • 胸腺がんやその他の状況によって引き起こされることがあります。次のような問題が起こった場合は、医師の診断を受けてください:
 筋無力症や他の自己免疫疾患に関係し胸腺がんを疑う症状としては、咳や胸痛があり胸腺がんを発見するために、胸腺の検査
胸部X線検査:胸部に簡単なX線照射を行い、胸部とその内部構造のX線像を調べます。X線とは体内を通過してフィルム上まで達し、体内を撮影することができるエネルギービームの一種です。
 胸腺腫と胸腺がんは、通常、病状と病期を診断し、治療します
胸腺は胸骨の裏に位置する小さな臓器で、リンパ系の一部分 胸腺はリンパ球と呼ばれる白血球をつくっており、
リンパ球は感染から体を守ります
胸腺腫と胸腺がんは、胸腺の表層細胞にはほとんど腫瘍がありません。胸腺腫の腫瘍細胞は、胸腺の正常な細胞に似ていますが、ゆっくりと増殖し胸腺の外にはめったに移転しません。これに対し、
胸腺がんの腫瘍細胞は、胸腺の正常細胞と異なり、急速に増殖し、がんが発見されるときには通常、体の他の部位にまで移転しています。胸腺がんは、胸腺腫よりも治療が困難です。免疫系が正常組織や臓器を攻撃することにより起こります胸腺腫の患者さんが自己免疫疾患を持っている場合もよくあります重症筋..無力症
自己免疫性赤芽球癆。低ガンマグロブリン血症。多発性筋炎。エリテマトーデス 関節リウマチ 甲状腺炎 シューグレン症候群
 ホリミシスとアンチエイジング
ラドンルームに入ると皆肌がつるつるになり若返り現象が起きます テラヘルツ振動子のレアアースは特に有効です
効果治療としてはウラン鉱石を体に常時身につけることで.DNA細胞を修復させる 水素水飲用と 
炭酸ミストは活性酸素を体から除去させます
 手術不能の場合  ホルミシスは最先端の統合療法です 放射線ホルミシス研究の先端を行く日本
ラドンルーム治療法 放射線ホルミシス ラドン温湿浴 
バドガシュタイン並のラドン濃度を実現 
ラドンミスト発生装置 吸入装置 
低線量放射線による損傷は修復が可能である  鍵は活性酸素を抑制する 抗酸化酵素である
がんの3大発生原因の1つは活性酸素  DNA遺伝子細胞を傷つける 
 修復には水素水が非常によいとされている
毎日 水素水をつくり1日200CC以上飲用すると効果的である.体内に抗酸化酵素を発生させることで
がんをふせごうとします。年齢加齢にて抗酸化酵素を十分に除去できなくなるとDNA細胞を傷つけますとP53遺伝子がDNAを修復できなくなります
重要なのが体に活性酸素を貯めないこと 毎日水素水を飲用して老化細胞をふせぎDNA細胞を修復しましょう
低線量放射線は免疫を強化します だからDNA修復にはラドン治療がいいのです
ラドンのアルファ線なのです 50ミリシーベルトから500ミリシーベルトが有効範囲と言えます
オーストラリアのバドガシュタインのラドン坑道は湿度70%から100% 
濃度4万4000ベクレル/m2
ラドンを効果的に吸引しています
ラドンによる肺がん発生リスクは現在ではございません危険ということにしておけば安全である
100みりシーベルト以下の放射線による発ガンリスクは非常に低い 飲酒.タバコによるリスクは1.6倍にもなります
どんな微量でも放射線は危険としているのですがまったく根拠が証明できないまま人体についての影響ついてはよくわからい
万全を期して危険であると予防的な防衛基準なのです
 オーストリアのハイルシュトレン ラドン治療坑道
 B-78-83