簡易シールドテントの組み立て方 モデル  2組の組み立て 外側W3300mmXL3300mmXH2800mm
                                    内側W3100mmXW3100mmXH2600mm
   電波障害を減衰させるために外側テント 内側テントで電波の遮蔽をする目的のものです減衰-60db以上
   1mmの隙間があれば電波もれしますので精密な縫製作業が要求されます
B-107-16    材料及び組み立ての順番をご説明させていただきます  保管袋からだします 
 
会社概要    KDD(株) 大阪市城東区新喜多1丁目2番-7-1708
     通販法   
今までの納品先
    電磁波事業   520-2431 滋賀県野洲市木部930  077-589-2354 FAX 077-589-4892 
23 1シールドテントの組み立て方 外側4200✕2200✕4900  中側4100✕2100✕4700  内側4000✕2000✕4500
 24 2シールドテントの組み立て方 外側4200✕2200✕4900  中側4100✕2100✕4700  内側4000✕2000✕4500
 
 
完成
     
L 3m5cmXФ50cm  L 3m5cmXФ50cm  L 2m5cmXФ50cm
 
 ポールホワイト
322.5cmX2本 72.5cmX8本
168.5cmX8本 150cmX8本
200cmX6本
3又T型X4個 4又T型X4個 L型3又8個
V型X12個 クロス(黒)金具X1個
 
接続ソケット箱
     
V型X12個
 
L型3又8個
 
3又T型X4個
 
  4又T型X4個
     
A1 B1 C1 D1 と同じ記号にあわせて  組み立てます
     
                  脚立 は2m40cmの三脚をつかいましょう
      
    固定は電工テープで固定しましょう

       完成 
 
    外側 内側の 2個完成
 





     最後に40度角でポールを固定します
     
     ポールブラック
 3000mmX10本
2530mmX6本 2000mmX8本

3又T型X4個 4又T型X4個 L型3又8個
V型X12個 クロス(黒)金具X1個 
  A1 B1 C1 D1 と同じ記号にあわせて  組み立てます  ゆれ止めには  固定は電工テープで固定しましょう
     
     
     
     
     
     
     
                                    組み立て作業を開始します
 簡易シールドテントの組み立て方 モデル  2組の組み立て 外側 W3300mmXL3300mmXH2800mm         内側 W3100mmXW3100mmXH2600mm
 
       外側
 W3300mmXL3300mmXH2800mm
    テントの底 入り口の位置の確認をします 
      底のパイプを組みます  
2mの脚立(足の保護)を中間に置きます
置くの右側から右側にポールを立てます
画像のように組み立てをします
 
内側
W3100mmXW3100mmXH2600mm
 内側のテントを組みます
テントの底 入り口の位置の確認をします 
      底のパイプを組みます  
2mの脚立(足の保護)を中間に置きます
置くの右側から右側にポールを立てます
画像のように組み立てをします
 
    大きさの比較をしていただきます
    3mX3mX2.6mになりますと5人が同時に作業しなければなりません
   車 大型プラズマ ロボットなどは重量がありますから
 床の保護をしてください
 一時的に前の横棒を取り外して段差をなくします
  床シートの上にシールドテントその上に床シート
その上にコンパネで床の保護をしてください
 
     前からみた画像
 
横から見た画像
 
       横から電源コードを挿入できます
    シールド効果の簡単なテストには携帯電話が圏外になりますから-50db~-60db以上はあります 
    電波障害のテスト. プラズマ発生器が及ぼす電波障害などすべてのテスト実験ができます
   
 1重シールド法式テントでは1mm 縫製糸の隙間からでも電波は遮断できません 1mmの隙間が電波漏れにもなります
 テントの縫製箇所 開閉部分のすべてにシールドで遮蔽をしています 外壁と内壁との隙間10cmをもうけることで電波の減衰を行っています
    中から外の明かりは少し侵入しますが外からはまったく内部を見ることはできません
    最近の携帯電波の受信感度はすぐれていますから1mmの隙間からでも携帯通信が可能という携帯電話の新技術のレベルは高く評価されています 
     電波塔の近くはとくに受信がよく電波の遮蔽はきわめて困難です でも175Cの2重テント工法はいままでになかったもの シールド遮断効果は特にすぐれています
      一度お使いいただければ.電波シールド効果は
抜群の能力を発揮し開発レベルの向上に役立てていただけます
       次世代の電波を使った開発分野あるいは大型機器装置から出る高周波 低周波ノイズの遮断に欠かせないものになります
         ぜひご活用ください  
購入方法及び  レンタル制度もございます   メール 見積り  
2重のシールド効果 2重のテント工法 レンタル
その前に↓
レンタルの貸出前に事前に検査が必要です 
レンタルを申し込まれる方が希望通りの測定基準に適合するのかの確認をしていただきたいのです
そこで 
小型サイズの2重のシールドテントをサンプル出しさせていただき
使用可能の判断をしていただいてからレンタルサイズを決めていただきたいのです
メールにて お申し込みしてください 
サイズ 高さX横X奥行き 開閉口
(横X高さ)
電磁波繊維 短期間
14日まで
(税別)
初回月額(税別)
月額(税別)
2ヶ月目から
月額(税別)
90cmX90cmX90cm 80X80cm 175C ¥36000  ¥54000
¥50400
100cmX100cmX100cm  90X90cm 175C ¥38000 ¥56000 ¥52000
     50cmX50cmX50cm 45X45cm 372N
(視認性)
¥28000 ¥43800 ¥40500
    60cmX60cmX60cm  55X55cm 372N
(視認性)
¥30000 ¥45000 ¥43000
90cmX90cmX90cm 80X80cm 372N
(視認性)
¥37800  ¥58500
¥54000
100cmX100cmX100cm  90X90cm 372N
(視認性)
¥41000 ¥61000 ¥57000
200cmX200cmX200cm 190X170cm 175C ¥44100  ¥69300
¥63000
210cmX210cmX210cm  200X200cm 175C ¥45000 ¥73000 ¥68500
300cmX200cmX300cm 290X170cm 175C ¥72000  ¥112500
¥100800
310cmX210cmX310cm  300X300cm 175C ¥82000 ¥128000 ¥118000
130cmX200cmX90cm 120X98cm 175c ¥40500  ¥63000 
¥58500
140cmX210cmX100cm  130X110cm 175C ¥46000 ¥65500 ¥63200
300cmX260cmX300cm  290X250cm  175C  ¥92000  ¥143000  ¥132000 
 280cmX250cmX280cm 270cmX240cm  175C  ¥88000  ¥140000  ¥128000 
別途送料 1mタイプ¥2100 2m~タイプ¥4200が必要です。メールで申し込む
高さ奥行き幅が1つでも200cm以上になりますとレンタル保険に加入していただきます
レンタル期間の合計価格の 15%ご負担が必要になります
(破損保険)
 
 戻る